人気ブログランキング |

<   2015年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

2月 掛役学習会

2月28日 午後6時より、掛役学習会が八尾別院で開催されました。


★大阪教区准堂衆会のHPはこちら






by osaka_jundo | 2015-02-28 23:34 | 学習会  

2月 音木役学習会

2月26日 午後6時より、音木役の学習会が難波別院において開催されました。


★大阪教区准堂衆会のHPはこちら






by osaka_jundo | 2015-02-26 23:34 | 学習会  

会員による報恩講

2月23日 准堂衆会報恩講(学習会)が難波別院で営まれ、19名が参加しました。

今回はお逮夜をイメージして、正信偈 真四句目下、念仏讃 淘八、和讃「七宝ノ宝池イサギヨク」次第六首、五返反、回向「世尊我一心」。勤行後に御俗姓御文を出仕者全員が拝聴する、という次第で行いました。

拝聴は、日頃することが無いので、作法を確認する良い経験となりました。


★大阪教区准堂衆会のHPはこちら

(投稿 池田)







by osaka_jundo | 2015-02-23 23:23 | 学習会  

御伝鈔作法講習会 4日目(最終日)

2月19日 御伝鈔作法講習会の最終日です。

午後1時から、教授師・伝授師の本多先生から拝読作法の講義をいただいた後、
受講生は一人ずつ考査に臨みました。
c0331579_13542221.jpg
御伝鈔の箱や巻物の扱い(所作)と御伝鈔拝読(読法)の両方が審査されます。

11名全員の考査を終えて、先生から一人ひとり、良かったところ・悪かったところをご指導いただきました。

c0331579_18085607.jpg
c0331579_13543130.jpg
みなさま、お疲れ様でした。


★大阪教区准堂衆会のHPはこちら

(投稿 池田)





by osaka_jundo | 2015-02-19 23:53 | 事 業  

御伝鈔作法講習会 3日目

2月18日 御伝鈔作法講習会の3日目です。

本日の講習の開始前に准堂衆会のスタッフが全員集合し、ミーティングを行いました。
c0331579_22244732.jpg

昨日までは座学での講習でしたが、本日は全員装束を着けての講習です。
c0331579_22245433.jpg
全体で所作を確認した後、受講生と准堂衆会スタッフを3班に分け、御伝鈔拝読の実践的な稽古を繰り返し行いました。

講習会の閉会後も、自主的に練習して帰る受講生もありました。

いよいよ明日は最終日で、考査(テスト)があります。

明日は、無事に全員が受かりますように。

★大阪教区准堂衆会のHPはこちら

(投稿 池田)








by osaka_jundo | 2015-02-18 22:34 | 事 業  

御伝鈔作法講習会 2日目

2月17日 御伝鈔作法講習会の2日目です。
c0331579_22185165.jpg
本日は御伝鈔下巻の読法と、拝読の所作を再度ご講義いただきました。

本日も11名が熱心に受講し、質疑応答が活発に行われました。

★大阪教区准堂衆会のHPはこちら

(投稿 池田)





by osaka_jundo | 2015-02-17 23:18 | 事 業  

御伝鈔作法講習会 初日

2月16日 御伝鈔作法講習会の初日です。
c0331579_22005660.jpg
開会式の後、教授師・伝授師である本山本廟部式務所堂衆一﨟の本多明廣師の講義が始まりました。

途中で休憩や夕食などをはさみながら、御伝鈔上巻の読法と、御伝鈔拝読の所作を教えていただき、午後8時に終了しました。

今回の御伝鈔作法講習会は、教区准堂衆会が主催し、難波別院を会場に16日から19日までの4日間の日程で開催いたします。

教区の寺院住職・衆徒および教区内別院の列座、計11名が受講し、教区准堂衆会のスタッフ9名が講習をサポートして進めてまいります。

★大阪教区准堂衆会のHPはこちら

(投稿 池田)






by osaka_jundo | 2015-02-16 23:54 | 事 業  

御伝鈔作法講習会 スタッフ研修

教区准堂衆会は、2月16日から19日の4日間の日程で「御伝鈔作法講習会」を開催します。

それに先だって、2月6日 午後5時30分より、第8組 西孝寺の本堂で「御伝鈔作法講習会」のスタッフ研修を行いました。
c0331579_15301101.jpg


教授師・伝授師の堂衆・本多明廣先生のお手伝いをさせていただく准堂衆会会員スタッフ8名が自主的に集まり、御伝鈔拝読の作法を確認しあいました。

※なお、今回の講習会の受付は終了しております。受講が許可された皆様は、2月16日 午後3時までに、難波別院 南広間にお集まり下さい。(午後2時30分 受付開始です。)

★大阪教区准堂衆会のHPはこちら

(投稿 池田)









by osaka_jundo | 2015-02-06 23:27 | 研修会  

2月 役員会

2月5日 午後6時より、難波別院 北和室において、第8回役員会を行いました。

案件は以下の通り。

1)御伝鈔作法講習会
   実施に向けて役割確認

2)研修会・学習会
   3月12日に鳴物研修会を開催。(講師は堂衆・泉 康夫師)

3)准堂衆会報恩講
   2月23日

4)声明会
   特別講義の講師について確認

5)模擬法要(研修会)
   日程、配役、班割の確認 → 4月21日に習礼、その後、班別に練習の後、5月21日に本番。

6)声明塾
   第12期生修了式、第13期生の募集について

7)本山春の法要
   出仕者の検討

8)休会・再入会
   本人の意思によることを確認

9)その他

本日の役員会は、午後8時に終了しました。

(投稿 池田)






by osaka_jundo | 2015-02-05 23:41 | 役員会  

2月 研修会〔正像末和讃講義〕

2015年 2月3日 午後6時より、難波別院北広間において、髙島恍陽先生(第5組 専光寺住職)から「正像末和讃」の講義をいただきました。

本日は7名が聴講しました。
c0331579_14085575.jpg
今回は、愚禿悲嘆述懐和讃をご講義いただきました。

以下、講義の抄録です。

 「愚禿」の言葉は、『六要抄』では卑謙の辞と理解しているが、相伝教学では、愚禿は本願の正機、実機。化法の非器が如来の正機。今日の我々が本願によらなければ救われないことを、聖人が身をもってお示し下されたのが「愚禿」の名告りである、と受け取っている。

 師資相い伝えて信機の道に入る。

 「まず能化・所化を対判して、自力をすてて他力に帰し、能化の説をうけて所化は信心を定得するこそ、今師御相承の口伝にはあいなないはんべれ。」(『改邪鈔』 聖典694)

 我が身を悲嘆することも、真実の教えを聞くことを通してしか、その気づきは生まれてこない。

 曽我量深師の言葉(趣意)「自分があって、経典を読んでいた。こうも読める、ああも読める。 読み行くうちに、経典が自ら叫ぶ。経典中に声あり。」

 その名号を聞く。(聞其名号)

 正信偈がわかれば大経がわかるように、親鸞聖人はお作りになられた。

 聞くことを忘れて勤めるようになると、本末転倒。



今回が最終講義の予定でしたが、和讃の解説が少し残ってしまいました。

続きは5月15日にご講義をいただくことになりました。

(投稿 池田)








by osaka_jundo | 2015-02-03 23:48 | 研修会